• 本

医療の法律学

第3版

出版社名 有斐閣
出版年月 2007年11月
ISBNコード 978-4-641-13487-4
4-641-13487-1
税込価格 3,300円
頁数・縦 383P 22cm
シリーズ名 医療の法律学

商品内容

要旨

各種専門領域に跨る複雑な医療問題においては、個別の学問領域を超えた総合的観点からの分析・整理が不可欠である。医事法を核に置きつつ、隣接諸学問領域との双方向的な「対話」を可能とする、統合的医事法の視点から医療問題へアプローチし、よりよい解決方法を探る意欲的試み。新たに医療水準に関する考察を加え改訂。

目次

医事法の方法―統合的医事法の提唱
紛争(解決)の法律学―医療紛争の実態と解決方法(日本、アメリカ、ドイツ)
意識の法律学―(歯科)医師のタテマエとホンネ
ムンテラの法律学―医学・医療の伝統と反省
カルテの法律学―診療録と医療情報
医療水準の法律学―医療機関(病院)の法的責任
クスリの法律学―薬害と製造物責任
集団被害の法律学―薬害・公害における因果関係
薬事行政の法律学―薬の安全性と国の危険管理責任
予防接種の法律学―予防接種の強制と被害
バイオ・メディカルの法律学
告知の法律学
ターミナル・ケアの法律学

著者紹介

植木 哲 (ウエキ サトシ)  
千葉大学教授(法学博士)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)