• 本

おかずとご飯の本

出版社名 アノニマ・スタジオ
出版年月 2007年11月
ISBNコード 978-4-87758-658-4
4-87758-658-X
税込価格 1,760円
頁数・縦 141P 26cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 毎日、栄養のバランスを考えながら、おいしいお料理をつくるのはとてもエネルギーを費やすことです。疲れている時などは献立もなかなか思いつかずに悩んだりします。そんな時に大活躍してくれるのが、この高山なおみさんの「おかずとご飯の本」です。まず、メニューがどれもおいしそう。そして、日常の生活で手に入る材料ばかり。家はレストランではないのですから、そんなところも大事です。そしてレシピが簡潔でわかりやすい。ほとんどが簡単に短時間でできるものばかりです。手間や時間のかかる料理も載っていますが、作ってみようという気持ちになるのは、余分な写真や文章がないにもかかわらず、ポイントがしっかり書いてあって迷わないから。それと本にビニールカバーがしてあること!水や油や粉が舞い散る台所で、この本を広げる人のことに配慮してあるなあ、となんだかうれしくなりました。

    (2014年3月31日)

商品内容

目次

「ご飯がすすむおかずいろいろ」
「豚かたまり肉で」
「冬は鍋もの」
「カレーライスいろいろ」
「ご飯もの」
「カンタン麺ものとスナック」

出版社
商品紹介

高山なおみさん宅のおかずとご飯が満載。大きなハンバーグ、マーボー豆腐、牛丼等、思わずごくりと喉がなる、使えるレシピ92品。

著者紹介

高山 なおみ (タカヤマ ナオミ)  
1958年静岡県生まれ。東京・吉祥寺にあったレストラン「諸国空想料理店KuuKuu」のシェフを1990年から2002年末までつとめ、その後料理家に専念。現在は書籍、雑誌、テレビなどを活動の場にする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)