• 本

生徒会の一存

富士見ファンタジア文庫 166−7 碧陽学園生徒会議事録 1

出版社名 KADOKAWA(富士見書房)
出版年月 2008年1月
ISBNコード 978-4-8291-3252-4
4-8291-3252-3
税込価格 616円
頁数・縦 270P 15cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • アニメ化もされました、「生徒会シリーズ」。碧陽学園生徒会メンバーの中、唯一の男性である主人公・杉崎鍵を中心に繰り広げられるストーリー。これだけ聞くと、ただのハーレム物かと思われるかもしれませんが、漫才のような掛け合いに、あちこちに散りばめられた「ネタ」の数々・・・こんなハーレム物他にはありません!何年もたくさんの人に愛されている作品です。

    (2014年3月11日)

  • 読んだら学校が少し楽しくなります

    私立碧陽学園生徒会では、会長・桜野くりむ、副会長・杉崎鍵、椎名深夏、書記・紅葉知弦、会計・椎名真冬の5人の生徒会メンバーが、毎日放課後の生徒会室でゆるーい、楽しい会話を繰り広げています。
    この生徒会は、生徒達による人気投票で決められます。しかも、選挙活動もないため、ほぼ可愛い女子に決まってしまいます。だから生徒会は、美少女達が集まっています。そんな中、どうして今回の生徒会に男子が1人だけいるのかというと、この生徒会選抜には、人気投票以外にも、優良枠というものがあります。各学年の成績優秀者は、本人が希望すれば生徒会に入る事が出来ます。それで、年末度の試験でトップを取ってこの生徒会に入ったのが、主人公で副会長の杉崎鍵です。その理由は、杉崎が美少女ハーレムを作ろうとしているからです。本人曰く、「自分以外全員美少女のコミュニティーに入るなら入学当初殆ど最下位の成績でも1年でトップに上り詰める位朝飯前」との事。そんな杉崎は、生徒会メンバーを全員攻略しようと狙っています。個性豊かな生徒会メンバーも、反発しつつも、全員杉崎に好意を持っています。生徒会メンバーは、全員複雑な過去を持っています。でも、

    …続きを見る

    (2009年8月19日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

私立碧陽学園生徒会室―そこは、選ばれし者だけが入室を許される聖域にして楽園。生徒会メンバー中、唯一の男性である副会長・杉崎鍵は、今日も生徒会室の中心で愛を叫ぶ。「俺は美少女ハーレムを作る!」と(ただし、扱いは空気以下)。そして、お子サマ生徒会長・桜野くりむは、今日も生徒会室の中心で身勝手を叫ぶ。「ただの人間には興味あ(自主規制)」日々くり広げられる、ゆるすぎる会話。日々費やされる、青すぎる青春。いざ行かん少年少女よ、妄想という名の大海原を!これは、ユカイツーカイついでにちょっぴり秘密アリな碧陽学園生徒会メンバーたちの、愛すべき日常をつづった記録の一端である。

おすすめコメント

大人気シリーズ「マテリアルゴースト」の葵せきな、待望の新作始動!!碧陽学園生徒会室。そこは選ばれし者だけが入室を許される聖域にして楽園。くり広げられるのは愛と戦いの日々…?少年よいざ進まん、妄想という名の大海原を!ゆるくてポップな非日常系学園ストーリー登場!!