• 本

神々の杜

出版社名 平凡社
出版年月 2007年12月
ISBNコード 978-4-582-27767-8
4-582-27767-5
税込価格 4,620円
頁数・縦 134P 22×31cm

商品内容

要旨

東北から沖縄まで、列島各地の神域に古代からの原風景を訪ねる。デジタルカメラによる初の本格的映像表現。

出版社
商品紹介

日本人が古来から神々の宿る神域として尊んできた、社を抱く森の数々を東北から沖縄まで訪ねた、初のデジタルデータによる写真集。

おすすめコメント

森と山を神々の宿る神域として、古来日本人は神社を建て、神々の霊を祀ってきた。東北から沖縄まで社を抱く森の数々を訪ねた、初のデジタルデータによる豪華写真集。

著者紹介

石橋 睦美 (イシバシ ムツミ)  
1947年千葉県佐倉市生まれ。10代後半から日本の自然を知る目的を持って各地を歩く。1975年頃から東北地方のゆったりした地形の広がりと自然の豊かさに魅せられ、東北地方の自然にテーマをしぼり撮影を始める。以後、湿気に培われた日本独特の色彩が描く自然美の表現をライフワークとする。1989年頃からブナ林をテーマとして、北限から南限までのブナ林を取材。その撮影を終えた後、自然林を背景にして成り立ってきた歴史文化を見出す目的で全国の森を巡る。2003年、日本の森林の撮影を終え、次の仕事として、豊かなる自然に神を思い描いてきた日本人の原風景を探る目的で、神域を巡る旅を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)