• 本

村上春樹翻訳ライブラリー c−8

出版社名 中央公論新社
出版年月 2008年1月
ISBNコード 978-4-12-403507-0
4-12-403507-1
税込価格 1,210円
頁数・縦 262P 18cm

商品内容

要旨

作家としての輝きのピークにあって、病に倒れたカーヴァー。生前に発表された最後の一篇であり、壮絶さと、淡々とした風情が胸を打つ「使い走り」ほか、秀作全七篇を収録した最晩年の短篇集。ライブラリー版のために改訳。

出版社
商品紹介

癌に冒されたカーヴァーが迫り来る死を見据えながらつづった「使い走り」他、壮絶さと淡々とした風情を湛えた最後の7短編を収録。

著者紹介

カーヴァー,レイモンド (カーヴァー,レイモンド)   Carver,Raymond
1938年、オレゴン州生まれ。製材所勤務、病院の守衛、教科書編集などの職を転々とするかたわら執筆を始める。77年刊行の短篇集『頼むから静かにしてくれ』が全米図書賞候補、83年刊行の同『大聖堂』が全米批評家協会賞及びピュリッツァー賞候補となる。88年、肺癌のため死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)