• 本

乳房 新装版

文春文庫 い4−86

出版社名 文藝春秋
出版年月 2008年2月
ISBNコード 978-4-16-714287-2
4-16-714287-2
税込価格 660円
頁数・縦 370P 16cm
シリーズ名 乳房

商品内容

要旨

「まるで不作の生大根をかじっているようだ」さんざんにもてあそばれた挙句、罵られ捨てられたお松は、偶然出会ったその男、煙管職人の勘蔵を絞殺してしまった。―この言葉を胸に秘めて、数奇な運命を辿るお松を評して、長谷川平蔵は、「男にはない乳房が女を強くするのだ」というが…。鬼平犯科帳番外篇。

おすすめコメント

「不作の生大根」と罵られ逆上して男を殺した女の数奇な運命をたどりつつ、長谷川平蔵の活躍を描く“鬼平犯科帳シリーズ”の番外篇。

著者紹介

池波 正太郎 (イケナミ ショウタロウ)  
大正12(1923)年、東京に生れる。昭和30年、東京都職員を退職し、作家生活に入る。新国劇の舞台で多くの戯曲を発表し、35年、第43回直木賞を「錯乱」によって受賞。52年、第11回吉川英治文学賞を「鬼平犯科帳」その他により受賞する。63年、第36回菊池寛賞受賞。平成2年5月3日没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)