• 本

人は仕事で磨かれる

文春文庫 に15−2

出版社名 文藝春秋
出版年月 2008年2月
ISBNコード 978-4-16-774701-5
4-16-774701-4
税込価格 691円
頁数・縦 269P 16cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

清廉・異能・決断力…4000億円の不良資産を一括処理、翌年度には伊藤忠商事史上最高益(当時)を計上して世間を瞠目させ、今や日本財界を代表する経営トップである著者が、その生い立ち、疾風怒涛の青春、ビジネス現場の緊張、倫理観、経営理念のすべてをここに語りつくした。本書はビジネスマン必携の画期的労作である。

目次

第1部 四つの大いなる決断(掃除屋
新領野の開拓
負の遺産
経営者を引き受けるということ)
第2部 決断する力を養う(本屋さんの息子
自分を鍛える
コミュニケーション環境を整える
人を育てる)

著者紹介

丹羽 宇一郎 (ニワ ウイチロウ)  
1939年、名古屋市生まれ。62年、伊藤忠商事に入社、一貫して食料畑を歩む。68年から9年間のアメリカ駐在を経て、98年に社長就任、99年に約4000億円の不良資産を一括処理しながらも、翌2000年度決算では同社史上最高益(当時)を計上し、世間を瞠目させた。「社長任期6年」の公約どおり、04年から会長に退いて現在に至る。経済財政諮問会議民間議員、地方分権改革推進委員会委員長などの政府関係の役職のほか、国連WFP協会(NPO)会長など食糧に関する活動も行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)