• 本

阪急電車

出版社名 幻冬舎
出版年月 2008年1月
ISBNコード 978-4-344-01450-3
4-344-01450-2
税込価格 1,512円
頁数・縦 221P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • 有川さんの本はいい年した大人が読んで胸キュン(笑)します。

    有川さんの本はいい年した大人が読んで胸キュン(笑)します。最近ようやく読んだ
    「阪急電車」など、ときめきが半端なかったです。関西方面のとある路線を舞台に
    乗客の恋愛模様が各駅停車で進行するので、電車がお好きな方にもお薦め。
    個人的には表紙と、カバー下のレトロなデザインも非常に可愛らしく、ポイントが
    高かったです。

    (2009年5月17日)

  • がたん、ごとん、がたん‥

    『図書館戦争』シリーズの著者、有川浩さんの新刊です。タイトルの「阪急電車」は関西に実在する鉄道で、その路線の中でものんびりとした雰囲気の今津線が、物語の舞台です。片道15分ほど、始発駅から終着駅までの間に1本の列車が運んでゆくのは、乗り合わせた人、すれ違った人との間の思いがけない出会い。そこから恋が始まった人、恋を終わらせた人、そして一大決心する人‥。1駅・1章の読み切りスタイルを取っていますが、主人公の周りにいた人物が次の駅までの主人公という展開は、まさに列車のごとく連結されているかのよう。カバーをはずすと表紙は車体と同じ色「阪急マルーン」というお楽しみも、沿線に住んでいるという著者の素敵なアイデアです。

    (2008年3月17日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

電車は、人数分の人生を乗せて、どこまでもは続かない線路を走っていく―片道わずか15分。そのとき、物語が動き出す。

おすすめコメント

恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車…。8駅から成る、片道わずか15分間の阪急電鉄今津線で、駅ごとに乗り降りする乗客の物語。電車は、人数分の人生を乗せて、どこまでもは続かない線路を走っていく―片道わずか15分。そのとき、物語が動き出す。

著者紹介

有川 浩 (アリカワ ヒロ)  
高知県出身。2003年、『塩の街』で第10回電撃小説大賞“大賞”を受賞。受賞作に続き『空の中』『海の底』などの話題作を次々と発表、『図書館戦争』は「本の雑誌」2006年上半期ベスト1に選ばれた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)