• 本

アンゲルゼ 孵らぬ者たちの箱庭

コバルト文庫 す5−64

出版社名 集英社
出版年月 2008年3月
ISBNコード 978-4-08-601136-5
4-08-601136-0
税込価格 607円
頁数・縦 293P 15cm

商品内容

要旨

東京から千キロ北東に浮かぶ神流島。中二の天海陽菜は毎日が息苦しくてならなかった。誰にも嫌われたくない、目立ってはならない、という不安と、圧迫的な軍事訓練の重圧などで疲れ果てていた陽菜は、安らぎを求めて、森の奥にいる「マリア」に会いに行くのだが、そこに見知らぬ少年がやってきて…。目も眩むような奇跡が陽菜の生活を塗りかえる…!?衝撃のミステリアス・ファンタジー始動。

出版社・メーカーコメント

世界は彼女の目覚めを待っていた!東京の沖合に佇む神流島。誰にも嫌われないよう振る舞う毎日に息苦しさを感じる中2の陽菜は、安らぎを求めて森の奥に「マリア」に会いに行っていたのだが!? エンジェリック・ミステリー始動!

著者紹介

須賀 しのぶ (スガ シノブ)  
1972年11月7日生まれ。上智大学文学部史学科卒業。『惑星童話』で1994年上期コバルト読者大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)