• 本

インセスト アナイス・ニンの愛の日記〈無削除版〉 1932〜1934

出版社名 彩流社
出版年月 2008年2月
ISBNコード 978-4-7791-1317-8
4-7791-1317-2
税込価格 3,850円
頁数・縦 492,17P 20cm

商品内容

要旨

アナイス・ニンが生涯をとおして書き続けた日記。無削除版第2巻、待望の翻訳出版。夫、ミラー、アランディ、アルトー、ランク…そして父との“愛”。他者との関係のなかで、複雑に屈折する自己の内面を深く見すえた膨大な記録。

出版社
商品紹介

アナイス・ニンが生涯を通して書き続けた日記。無削除版第2巻、待望の翻訳出版。自己の内面を深く見すえた膨大な記録。

著者紹介

ニン,アナイス (ニン,アナイス)   Nin,Ana¨is
1903年2月21日、パリ郊外ヌイイ・シュル・セーヌで生まれ、幼少期をヨーロッパ各地で過ごす。著名な音楽家の父が出奔したあと、母と2人の弟とともに、ニューヨークに移住。初めはフランス語、のちに英語で、彼女が生涯書き続けた“日記”は、すでに15巻がアメリカで出版され、世界各国語に翻訳されている。ニンの作品は、アメリカで生まれた唯一の象徴主義的小説とされ、『近親相姦の家』(1936)、『人工の冬』(1942)、『ガラスのベルの下で』(1944)、『内面の都市』(1959)などがある。1977年1月14日、ロスアンゼルスで亡くなった
杉崎 和子 (スギサキ カズコ)  
ホイッティアー大学BA、MA、オクシデンタル大学Ph D.、カリフォルニア州立大学講師、桜美林大学、名城大学、岐阜聖徳学園大学教授を歴任。現在、岐阜聖徳学園大学名誉教授、アナイス・ニン・トラスト理事、ハンティントン図書館研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)