• 本

女子の古本屋

出版社名 筑摩書房
出版年月 2008年3月
ISBNコード 978-4-480-87787-1
4-480-87787-8
税込価格 1,540円
頁数・縦 213P 19cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 雑誌「クウネル」が出現してから5年以上が経過。生きていくために一番基本的な、「食べる」「暮らす」の心地よいスタイルを提供してくれるこの雑誌に、創刊と同時に多くの女性が「クウネル」系の一員となりました。クウネルがこれだけ多くの女性に支持されるひとつの要素として、規模や種類の違いはあれど、自分の好きなもの・大切にしたいものを源にした新しい「自己表現」の形を提案してくれるからのようにも思えます。「女子の古本屋」は、そういった「自己表現」を「古本屋」という形で実現したした女性13人の物語。しかし、「自己表現」のためだけで生きていけるほど「古本屋業」も甘い物ではありません。店内のほのぼのした雰囲気、やさしい絵本たち、ゆっくりと流れる時間・・・。しかし、その空間を作り、維持するために彼女たちが払っている努力は並大抵の物ではありません。「古本屋として生きていく」そういう、凛とした確固たる決意を感じます。そうでなければ、別のアルバイトをしながら、お店を続けたりなんて出来ませんよね。本が好きだから、本で生きていく。とってもシンプルだけど多くの人が実行できないでいるこういう生き方に、ジャンルを超えていろん

    …続きを見る

    (2014年3月31日)

商品内容

要旨

ネット、カフェ、ギャラリー、雑貨、イベントなど、好きを仕事にした個性派13人の女性店主たち。開業へのヒントがいっぱい。

目次

古本界の常識をくつがえした―古書日月堂・佐藤真砂さん
女性だけで店をまかされて―八重洲古書館・渡辺明子さん
オンナコドモの本をネットで―海月書林・市川慎子さん
メニューも本格派の古書カフェ―火星の庭・前野久美子さん
古本と和雑貨が並ぶ―旅猫雑貨店・金子佳代子さん
絵本と古本とギャラリーと―ブックギャラリーポポタム・大林えり子さん
鉱石標本と愛猫にかこまれて―蟲文庫・田中美穂さん
若者もお年寄りも気軽に―トンカ書店・頓花恵さん
四百字程度の解説をそえてネット上に―古本海ねこ・場生松友子さん
新感覚のデザインワークで―興居島屋・尾崎澄子さん
豆本、限定本、美しい本を売る―呂古書房・西尾浩子さん
同時代を生きた映画たちと―石田書房・石田由美子さん
父子二代で地元に根ざす―山猫館書房・水野真由美さん

出版社
商品紹介

面白いものは自分で見つける。新しい感覚で新風を巻き起こす、古本屋の女性店主たち。素顔と開店までの道のりを紹介する。

著者紹介

岡崎 武志 (オカザキ タケシ)  
1957年大阪生まれ。書評などを中心に各紙誌に執筆。文庫王、均一小僧、神保町ライターの異名をもつ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)