• 本

建築の出自 長谷川尭建築家論考集

出版社名 鹿島出版会
出版年月 2008年4月
ISBNコード 978-4-306-04501-9
4-306-04501-3
税込価格 2,700円
頁数・縦 277P 19cm

商品内容

要旨

創造力の秘密に迫る珠玉の評論集。前川國男、白井晟一、山口文象、佐藤秀三、浦辺鎮太郎、菊竹清訓。モダニズムという仮面の下にひそむ“ヴァナキュラーな建築”。人と作品を結ぶ“不可視の紐帯”を探る。

目次

論考 前川國男―「告白」についての読み直し
論考 白井晟一―“父”の城砦と青春の“子”の円熟
論考 山口文象―浅草の“過去”に棟梁の子が見た“未来”
論考 佐藤秀三―田園を志す建築家のこころ意気
論考 浦辺鎮太郎―都市倉敷を大原總一郎と織り上げる
論考 菊竹清訓―天降りする建築の“降臨”のゆくえ
あとがき 建築と建築家を結ぶ目に見えぬ紐帯を探して

出版社
商品紹介

近代の本質を解き明かす珠玉の建築家論。前川國男、白井晟一、山口文象、佐藤秀三、浦辺鎮太郎、菊竹清訓。

著者紹介

長谷川 堯 (ハセガワ タカシ)  
1937〜。島根県生まれ。1960年早稲田大学第一文学部卒業。武蔵野美術大学造形学部教授。2008年3月、退職。受賞:『都市廻廊』に対して“毎日出版文化賞”、『建築有情』に対して“サントリー学芸賞”。一連の建築評論活動に対して、“日本建築学会業績賞”(1985)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)