• 本

母が重くてたまらない 墓守娘の嘆き

出版社名 春秋社
出版年月 2008年4月
ISBNコード 978-4-393-36625-7
4-393-36625-5
税込価格 1,870円
頁数・縦 192P 20cm

商品内容

要旨

母との名状しがたい関係に苦しみながら、それでも罪悪感にとらわれている女性たちが数多く存在している。本書では、カウンセリングの経験に基づいて、墓守娘たちの苦しみを具体的に取り上げた。進学、就職、結婚、介護…。どこまでもついてくる母から、どう逃げおおせるか。NOと言えないあなたに贈る、究極の“傾向と対策”。

目次

1 母が重くてたまらない―さまざまな事例から(ママのための中学受験
母と娘の「運命共同体」
息子を見上げ、娘を見下ろす母
気がつけば、落とし穴
自分の不幸にふたをして
団塊母の苦しみ
傷つけ合うことで深まる絆
父の存在はどこに?
無邪気な独裁者)
2 母とは一体誰なのか?(母親を徹底的に分析する
母をどうとらえればいいの?)
3 迷宮からの脱出―問題解決の糸口(母に対する処方箋
父に対する処方箋
墓守娘に対する処方箋)

出版社
商品紹介

親の期待に苦しみながら必死にいい娘を演じる女性達。それが「墓守娘」だ。臨床心理士が悩める全ての女性に贈る究極の解決法。

おすすめコメント

「私が死んだら墓守はお願い」って、母さん…(泣)――進学、就職、結婚、介護…。どこまでもついてくる母から、どう逃げおおせるか。NOといえないあなたに贈る、究極の<傾向と対策>。

出版社・メーカーコメント

就職、結婚に口を出し、介護や墓守の管理まで押し付ける母がいる。 なぜ母は娘を拘束するのか。NOと言えない「墓守娘」たちの証言をもとに、臨床心理士が具体的な解決法を提示する、かってないほど希望に満ちた書。

内容抜粋

本書「まえがき」より

母との名伏しがたい関係に苦しみながら、それでも罪悪感にとらわれている女性たちが数多く存在しているはずだ。カウンセリングの経験に基づいて、墓守娘たちの苦しみを具体的に取り上げていきたい。 娘たちを描くことで、母親たちの姿も逆照射されるに違いない。本書が、母娘関係を解くヒントになれば幸いだ。

著者紹介

信田 さよ子 (ノブタ サヨコ)  
1946年生まれ。臨床心理士。原宿カウンセリングセンター所長。お茶の水女子大学大学院修士課程修了。駒木野病院、嗜癖問題臨床研究所付属原宿相談室を経て1995年に原宿カウンセリングセンターを設立。アルコール依存症、摂食障害、ドメスティック・バイオレンス、子どもの虐待などに悩む本人やその家族へのカウンセリングを行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)