• 本

詩の玉手箱

出版社名 いそっぷ社
出版年月 2008年4月
ISBNコード 978-4-900963-41-2
4-900963-41-0
税込価格 1,760円
頁数・縦 238P 19cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 「詩って何から読んだらいいかわからない」という人にオススメ!

    詩って難しい、どれから読んだらいいかわからないと思っている人は結構多いと思うが、そんな人にぴったりの本が出たのでぜひご紹介したい。 この本は、詩人の三木卓さんによって各月ごとに選ばれた、4月から12カ月間の詩のアンソロジーだ。表紙に書かれた「意表をつく51編の名詩」というコピーに惹かれて手にとったのだが、一番最初に載っている中原中也の『春と赤ン坊』という詩に、まさに意表をつかれた。 菜の花畑に赤ん坊を寝かせた情景を詠んだ詩なのだが、柚木沙弥郎さんの味のあるイラストが絶妙な効果を発揮し、詩を読んでかつて味わったことのないほどにイメージがふくらんだ。そして、それを解説した三木さんの文章がまたいい。「なによりも言葉が生きている!と感じられるような詩を集めてみました」とのことで、詩ってこんなに気持ちいいものだったんだと認識を新たにすること請け合いだ。

    (2014年3月31日)

商品内容

要旨

井伏鱒二のとぼけた味の詩、ブレイクの心おどる楽しい詩、谷川俊太郎のセクシュアルな詩、石垣りんの親を慕う切ない詩…シェークスピアから工藤直子まで意表をつくラインナップで揃えられた51編の名詩。春4月から冬3月まで季節をかみしめるように詩人が用意した言葉の世界に遊んでみませんか。

目次

春と赤ン坊(中原中也)
海はまだ(大岡信)
笑いの歌(W・ブレイク/土居光知訳)
葱(辻征夫)
母の声(堀口大学)
風にのる智恵子(高村光太郎)
白帆(レールモントフ/神西清訳)
初めて子供を(千家元麿)
六月(茨木のり子)
かなしみ(石垣りん)〔ほか〕

著者紹介

三木 卓 (ミキ タク)  
1935年東京生まれ。67年、第一詩集『東京午前三時』(思潮社)でH氏賞、70年に『わがキディ・ランド』(思潮社)で高見順賞受賞。73年には「鶸」で芥川賞を受賞。他の小説に、『馭者の秋』(平林たい子文学賞)『裸足と貝殻』(読売文学賞、ともに集英社文庫)など。児童文学や評論、翻訳などその活躍は多岐にわたっている
柚木 沙弥郎 (ユノキ サミロウ)  
1922年東京生まれ。布地への型染めのほか、染紙、壁紙、ポスター、カレンダー、絵はがきなど、多彩な制作活動をしてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)