• 本

愛とは、怖れを手ばなすこと 今をよりよく生きるために

サンマーク文庫 E−45

出版社名 サンマーク出版
出版年月 2008年6月
ISBNコード 978-4-7631-8443-6
4-7631-8443-1
税込価格 597円
頁数・縦 174P 15cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 感情には二種類しかない。

    この本は「愛と怖れ」の新訳文庫版です。
    他人や世界を変えようとするとき、ものすごく苦しくなります。
    どうして思い通りにならないんだろう?どうしてあの人は私のことをわかってくれないんだろう?となります。
    だけど、変えることができるのは何かということがわかると、何に意識を集中したらいいのかがわかるようになります。
    変えることができるのは、自分の世界の見かた、他人の見かた、自分自身の見かたです。
    サングラスをかけて世界を見ると、世界が暗く見えるでしょう。
    このとき、世界が暗いと文句をいうのは筋違いです。
    世界が暗いのではなくて、世界を見る目の方が暗いのです。
    何か大きな失敗をしてしまったとき、外を歩いているだけで、まわりの人たちがみんな自分のことを笑っているように見えることがあるでしょう。
    何か大きな喜びに包まれているとき、外を歩いているだけで、まわりの人たちみんなが自分のことを祝福してくれているように感じることがあるでしょう。
    悲しみのサングラスをかけているとき世界はブルーに、喜びのサングラスをかけているとき世界はバラ色に見えます。
    世界そのものは変わらなくても、自分

    …続きを見る

    (2010年1月16日)

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

怖れの正体は救いを求める声であり、言いかえれば、愛を求める声です。「与え、愛する人生」への入門書。

目次

1 自己変容への準備(現実とは何でしょう?
くり返される過去
やすらぎを奪うのは不幸の予測 ほか)
2 自己変容とは何か(人は自分が信じるものでつくられる
いつでも自由を選ぶことができる
攻撃とは実は防御のこと ほか):3 自己変容のレッスン(私が与えるものはすべて、私自身に与えている
ゆるしは幸せにいたる鍵である
私の心の動揺は私が考える理由によるものではない ほか)

おすすめコメント

愛を望まない人などいないにもかかわらず、多くの人は愛を経験できないでいるようです。過去からひきずっている罪悪感に満ちた怖れが、今、愛を差し出し、受け取る能力を妨害しているのです。怖れと愛を同時に経験することはできません。どちらの感情を望むかは、つねに私たちが選ぶのです。怖れではなく愛を選びつづけることで、人とのかかわりの性質や本質を変えることができるのです。(本文より)本書は、ベストセラー『ゆるすということ』『ゆるしのレッスン』の著者、ジャンポルスキー博士の処女作で、世界で400万部のベストセラーになった『LOVE IS LETTING GO OF FEAR』の邦訳です。原書を何度も何度もボロボロになるまで読んだという本田健さんが、日本の読者の胸にそのメッセージが直に届くよう、丁寧に訳されました。30余年の時を超え、人々に読み継がれてきたジャンポルスキー博士の癒しのメッセージを、どうぞあなたも受け取ってください。

著者紹介

ジャンポルスキー,ジェラルド・G. (ジャンポルスキー,ジェラルドG.)   Jampolsky,Gerald G.
スタンフォード大学医学部卒業。国際的に有名な精神医学者である。1975年に「アティテューディナル・ヒーリング・センター」を設立、現在、世界約三十か国で百三十か所以上のセンターやサークルが運営されている。セラピストである妻のダイアン・シリンシオーネとともに世界中で講演活動などを行っている
本田 健 (ホンダ ケン)  
神戸生まれ。経営コンサルティング会社、ベンチャーキャピタル会社など、複数の会社を経営する「お金の専門家」。独自の経営アドバイスで多くのベンチャービジネスの成功者を育てる。娘の誕生をきっかけに「セミリタイア生活」に入り、子育てのかたわら「お金と幸せ」に関する講演、カウンセリング、セミナーなどを不定期に行っている。2005年より、アメリカ在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)