• 本

世界を不幸にするアメリカの戦争経済 イラク戦費3兆ドルの衝撃

出版社名 徳間書店
出版年月 2008年5月
ISBNコード 978-4-19-862529-0
4-19-862529-8
税込価格 1,870円
頁数・縦 299P 20cm

商品内容

要旨

イラク戦争におけるアメリカの出費は、12年にわたったベトナム戦争をすでに上回り、負傷兵の治療費や退役軍人の手当てなどを考慮すると、少なくとも3兆ドルにのぼる。しかし、戦況は混沌としたままで、復興の道は見えない―。この実りなき戦争に費やされた膨大な経費は、アメリカ経済、そして世界経済にいかなる衝撃をあたえているのか?ブッシュ政権によるコスト隠蔽操作をあばき、戦争という巨大ビジネスが引き起こす負の連鎖を看破する。ノーベル賞経済学者スティグリッツの衝撃作。

目次

序 アメリカ経済を弱体化させた戦争という巨大ビジネス
第1章 ブッシュは三兆ドルをどぶに捨てた
第2章 二つのシナリオで予測するアメリカの暗い未来―国家予算にかかる戦争のコスト
第3章 兵士たちの犠牲と医療にかかる真のコスト
第4章 社会にのしかかる戦争のコスト
第5章 原油高によって痛めつけられるアメリカ―イラク戦争のマクロ経済的影響
第6章 グローバル経済への衝撃
第7章 泥沼からの脱出戦略
第8章 アメリカの過ちから学ぶ―未来のための一八の改革案
付録

出版社
商品紹介

イラク戦争にかかった費用は3兆ドル。衰退するアメリカ経済、混迷を深める世界経済のからくりと、先行きを知るための必読の1冊。

著者紹介

スティグリッツ,ジョセフ・E. (スティグリッツ,ジョセフE.)   Stiglitz,Joseph E.
2001年「情報の経済学」を築き上げた貢献によりノーベル経済学賞受賞。1943年米国インディアナ州生まれ。エール大学はじめオックスフォード、プリンストン、スタンフォード大学で教鞭をとる。1993年クリントン政権の大統領経済諮問委員会に参加。95年より委員長に就任し、アメリカの経済政策の運営にたずさわった。97年に辞任後、世界銀行の上級副総裁兼チーフエコノミストを2000年1月まで務める。行動する経済学者として、世界を巡りながら経済の現状を取材し、市場万能の考え方を強く批判。現行のグローバル化がもたらす様々な弊害に警鐘を鳴らす。現在はコロンビア大学教授
ビルムズ,リンダ (ビルムズ,リンダ)   Bilmes,Linda J.
財政のエキスパート。ハーバード大学ケネディ行政大学院修了。元商務次官補、首席財務官
楡井 浩一 (ニレイ コウイチ)  
1951年北海道大学卒業。英米のノンフィクション翻訳で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)