• 本

クドリャフカの順番 Welcome to KANYA FESTA!

角川文庫 よ23−3

出版社名 角川書店
出版年月 2008年5月
ISBNコード 978-4-04-427103-9
4-04-427103-8
税込価格 704円
頁数・縦 393P 15cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 古典部シリーズB

    題名から巻き毛の話か?決して戻ってくることのない犬の話か?宇宙規模な話になるのか?など余計なことを考えながら読んでましたが、当然のごとく違っていました。本シリーズは青春ミステリであり、今回はちゃんと奉太郎が(省エネ)安楽椅子探偵として活躍するし料理対決や漫研でのやりとりなど見所満載な文化祭編。奉太郎以外の3人の視点からも語られる場面もあり3人の新たな魅力(特に摩耶花の)を発見出来た1冊。そしてアガサのABC殺人事件くらいはちゃんと読んでおいたほうがよかったかなとも思った1冊。(高)

    (2009年8月20日)

商品内容

要旨

待望の文化祭が始まった。だが折木奉太郎が所属する古典部で大問題が発生。手違いで文集「氷菓」を作りすぎたのだ。部員が頭を抱えるそのとき、学内では奇妙な連続盗難事件が起きていた。盗まれたものは碁石、タロットカード、水鉄砲―。この事件を解決して古典部の知名度を上げよう!目指すは文集の完売だ!!盛り上がる仲間たちに後押しされて、奉太郎は事件の謎に挑むはめに…。大人気“古典部”シリーズ第3弾。

おすすめコメント

米澤穂信が贈る大人気青春ミステリ〈古典部〉シリーズ第3弾!!文化祭で賑わう校内で奇妙な連続盗難事件が発生。犯人が盗んだものは碁石、タロットカード、水鉄砲――。事件を解決して古典部の知名度を上げようと盛り上がる仲間達に後押しされて、奉太郎はこの謎に挑むはめに!

著者紹介

米澤 穂信 (ヨネザワ ホノブ)  
1978年岐阜県生まれ。2001年、第5回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を『氷菓』で受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)