• 本

ゲバルト時代 Since 1967〜1973 あるヘタレ過激派活動家の青春

出版社名 バジリコ
出版年月 2008年6月
ISBNコード 978-4-86238-094-4
4-86238-094-8
税込価格 1,980円
頁数・縦 388P 20cm

商品内容

要旨

全共闘の熱狂、機動隊とのバトル、妄想に狂う「革命の親玉」たち、男女活動家の制御されざる下半身、刑務所の中。1970年前後、羽田闘争から東大安田講堂の攻防、三里塚闘争、連合赤軍リンチ殺人まで、熱い季節を駆け抜けた末端活動家のホロ苦い記憶。革命幻想と現実の間に揺れる活動家の心理とその実生活、過激派セクトの内実を、自らの体験を通して赤裸々に描いたノンフィクション。

目次

衝撃のゲバルトデビュー
サヨク少年の高校時代
浪人生、ベ平連に出入りする
旗揚げ、高校生反戦闘争委員会
全共闘、大いに名をあげる
そして東大安田講堂
ゲバルトの真打ち、赤軍派登場
ヘタレ、赤軍派からトン走する
三島由紀夫、切腹する
「革命ごっこ」の終焉、連合赤軍リンチ殺人
逮捕、ブタ箱に入る
檻の中のあまり優雅出ない生活
グッドバイ「あの頃」

おすすめコメント

全共闘時代、革命幻想と現実の間に揺れる活動家の実生活と過激派セクトの内実を、自らの体験を通して赤裸々に描いたノンフィクション。

著者紹介

中野 正夫 (ナカノ マサオ)  
1948年生まれ。東京・神田で育ち高校卒業まで神田で暮らす。都立城南高校卒業後6年間、『極左?』ゲバルト活動家として党派・職業・住所を転々とする。その後理工系出版社に入社。コンピュータ、プログラミング関連、理工書の出版にたずさわる。退職後の現在は、酒の飲みすぎで身体を壊し無為徒食の身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)