• 本

追憶のかけら

文春文庫 ぬ1−2

出版社名 文藝春秋
出版年月 2008年7月
ISBNコード 978-4-16-768202-6
4-16-768202-8
税込価格 1,232円
頁数・縦 659P 16cm

商品内容

要旨

事故で愛妻を喪い、失意の只中にあるうだつの上がらない大学講師の松嶋は、物故作家の未発表手記を入手する。絶望を乗り越え、名を上げるために、物故作家の自殺の真相を究明しようと調査を開始するが、彼の行く手には得体の知れない悪意が横たわっていた。二転三転する物語の結末は?著者渾身の傑作巨篇。

おすすめコメント

妻を喪い、絶望の淵をさまよう大学講師が入手した作家の未発表手記。原稿の謎に迫る彼を襲う強烈な悪意とわな。慟哭のミステリ巨篇。事故で愛妻を喪い、失意の只中にあるうだつの上がらない大学講師の松嶋は、物故作家の未発表手記を入手する。絶望を乗り越え、名を上げるために、物故作家の自殺の真相を究明しようと調査を開始するが、彼の行く手には得体の知れない悪意が横たわっていた。二転三転する物語の結末は? 著者渾身の傑作巨篇。 解説・池上冬樹

著者紹介

貫井 徳郎 (ヌクイ トクロウ)  
昭和43年(1968)年、東京都生まれ。早稲田大学商学部卒業。平成5(1993)年に、第4回鮎川哲也賞の最終候補作となった「慟哭」で作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)