• 本

草葉の陰で見つけたもの

出版社名 光文社
出版年月 2008年6月
ISBNコード 978-4-334-92616-8
4-334-92616-9
税込価格 1,620円
頁数・縦 215P 20cm

商品内容

要旨

強盗をして糊口を凌ぐ“俺”は、ある日、偉い人の屋敷に盗みに入るが、あっという間に捕らえられ、首を刎ねられる。意識を取り戻すと、生首になってしまった自分がいた…「草葉の陰で見つけたもの」。電流を流され、久しぶりに機能した“私”は、ある人物に雇われる。与えられた仕事は、雇い主一家の生活を補助すること。派遣先の家には、二人の少女が待っていた。「電子、呼ぶ声」。新人賞受賞作「草葉の陰で見つけたもの」に加え、中編「電子、呼ぶ声」を収録。

出版社
商品紹介

殿様の屋敷に盗みに入った貧しい若者が斬首刑の挙句、さらし首にされる。なぜか意識のある首が、1人の少女と出会って……。

おすすめコメント

強盗をして糊口を凌ぐ“俺”は、ある日、偉い人の屋敷に盗みに入るが、あっという間に捕らえられ、首を刎ねられる。意識を取り戻すと、生首になってしまった自分がいた……。(「草葉の陰で見つけたもの」)小説宝石新人賞受賞の表題作に加え、中編「電子、呼ぶ声」を収録。絶妙な描写力と語り口を持つ大型新人の登場だ。

著者紹介

大田 十折 (オオタ トオル)  
1986年、神奈川県生まれ。神奈川工業高校卒。2007年、株式会社ポンパドウルを退社後、本格的な執筆にとりかかる。二十歳の時に初めて書いた小説「草葉の陰で見つけたもの」で、いきなりの新人賞受賞となった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)