• 本

聞書庶民烈伝 牧口常三郎とその時代 上

出版社名 三一書房
出版年月 2008年6月
ISBNコード 978-4-380-07216-1
4-380-07216-9
税込価格 3,080円
頁数・縦 448P 20cm

商品内容

要旨

創価学会初代会長・牧口常三郎の“空白”ともいうべき生い立ちと事績の真実に迫り、「庶民」の側から明治・大正・昭和の日本の近現代史を縦横に旅する。

目次

1 冬の巻―雪炎えて(初原の風景
戦火と漂泊
流離の系譜
自由と敗残 ほか)
2 春の巻―春と修羅(北の海、白き波寄す荒磯に
漂える、黒き箱あり
囚人のいぶきにまみれ
何処より来り、何処に往くや ほか)

出版社
商品紹介

あの竹中労の「幻の大著」がいまここに蘇った。明治・大正・昭和三代の修羅を描く。「第一部・雪炎えて」「第二部・春と修羅」。

著者紹介

竹中 労 (タケナカ ツトム)  
1928年3月30日、父・英太郎、母・八重子の長男として東京・牛込区肴町に生まれる。雑誌・単行本・テレビ・映画等、媒体と表現方法を弁別せず、広範なメディアを戦場として、“エライ人”(権力)をものともせずに奮戦。1990年5月19日、肝臓癌のため「戦死」(享年63歳)。数多の著書をものすと共に、『嘉手苅林昌の世界』をはじめとして、沖縄・島唄のレコード、CD等のプロデュースを多数手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)