• 本

戦争絶滅へ、人間復活へ 93歳・ジャーナリストの発言

岩波新書 新赤版 1140

出版社名 岩波書店
出版年月 2008年7月
ISBNコード 978-4-00-431140-9
4-00-431140-3
税込価格 799円
頁数・縦 205,2P 18cm

商品内容

要旨

敗戦の日に戦争責任をとる形で朝日新聞社を去った著者は、いま、その選択を悔いる。残って「本当の戦争」を伝え直すべきだった、と。週刊新聞『たいまつ』休刊から三十年、その深い思索と熱い主張の到達点とは―。従軍記者体験をふまえ、憲法九条のもう一つの意味、社会主義挫折への見方、そして未来を照らす希望の在りかを語る。

目次

第1章 ジャーナリストへの道
第2章 従軍記者としての戦争体験
第3章 敗戦前後
第4章 憲法九条と日本人
第5章 核兵器のない世界へ
第6章 絶望のなかに希望はある

著者紹介

むの たけじ (ムノ タケジ)  
本名・武野武治。1915年、秋田県に生まれる。東京外国語学校スペイン語科卒、報知新聞社を経て朝日新聞社に入社、記者として報道に携わった。1945年8月15日、戦争責任をとる形で退社し、1948年、秋田県横手市で週刊新聞『たいまつ』を創刊、1978年の休刊まで主幹として健筆を揮った。その後も、著作・講演などを通し、ジャーナリストとして活動している
黒岩 比佐子 (クロイワ ヒサコ)  
1958年、東京都に生まれる。慶應義塾大学文学部卒、ノンフィクション・ライター。著書に『「食道楽」の人 村井弦斎』(岩波書店、サントリー学芸賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)