• 本

ストロベリーナイト

光文社文庫 ほ4−1

出版社名 光文社
出版年月 2008年9月
ISBNコード 978-4-334-74471-7
4-334-74471-0
税込価格 734円
頁数・縦 435P 16cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全5件

  • とにかくめくった1ページ目からハイテンションでスピード感!とにかく勢いがあって、一気に読めてしまう警察小説です。

    (2014年3月11日)

  • 冬間近ですが読書の秋は続きます。

    最近読む本がなくなってきたので軽い気持ちで読みました。400ページ強2日で一気読み。過去に傷を持つ姫川玲子も良いが、登場してくるキャラクターが刑事だけありなかなかの個性の持ち主。どの書店にも在庫は有ると思います。「だまされた」と思って読んでみてください。ミステリーファンの方絶対損はしません。続編の「ソウルケイジ」もすぐに読みたくなるはずです。

    (2009年11月18日)

  • 至極の警察エンタテインメント小説開幕

    警視庁捜査一課警部補 姫川玲子の活躍を描く大人気シリーズ第一弾。魅力的なキャラクター達が熱くて勢いがあって今までの警察小説とは一線を画します。最後に辿り着く衝撃の事実…誉田哲也の最高傑作と云って過言ではないと思う。

    (2009年11月4日)

  • この本を読まずして誉田哲也は語れない!

    当たればホームラン!読み応え抜群の1冊。『武士道シックスティーン』とは全く異色の、誉田哲也の「もうひとつの」代表作。
    一見不思議なタイトルが意味するもの、それは・・・。
    まずは手にとってみて下さい!

    (2009年10月11日)

  • 警察小説への興味が持続中です。

    以前「刑事・鳴沢了シリーズ」を読んで以来警察小説への興味が持続中です。
    「ストロベリーナイト」も、『こんな警察小説を待っていた!』という帯に煽られて
    手にしたのですが、可愛らしいタイトルを裏切って、話の軸になるのはむごたらしい
    殺人ショー。生贄に選ばれた人間があの手この手で傷めつけられ、最期にはつぶれた
    苺のようになって殺される。想像するだけで痛いのですが、章間で「あなたはこれを生で見たいですか」という問いかけがあって、これが妙にホラー小説じみていてコワイ。
    著者の誉田哲也は「ポスト東野○吾」ともささやかれており、主人公の女刑事玲子を
    はじめとして、登場人物は個性があって面白いので、つぶれた苺でも大丈夫という方は
    是非ご一読あれ。

    (2009年1月25日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

溜め池近くの植え込みから、ビニールシートに包まれた男の惨殺死体が発見された。警視庁捜査一課の警部補・姫川玲子は、これが単独の殺人事件で終わらないことに気づく。捜査で浮上した謎の言葉「ストロベリーナイト」が意味するものは?クセ者揃いの刑事たちとともに悪戦苦闘の末、辿り着いたのは、あまりにも衝撃的な事実だった。人気シリーズ、待望の文庫化始動。

著者紹介

誉田 哲也 (ホンダ テツヤ)  
1969年、東京都生まれ。学習院大学卒。2002年、『ダークサイド・エンジェル紅鈴 妖(あやかし)の華』で第2回ムー伝奇ノベル大賞優秀賞を受賞。2003年には、『アクセス』で第4回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)