• 本

科学者の9割は「地球温暖化」CO2犯人説はウソだと知っている

宝島社新書 275

出版社名 宝島社
出版年月 2008年8月
ISBNコード 978-4-7966-6291-8
4-7966-6291-X
税込価格 700円
頁数・縦 191P 18cm

商品内容

要旨

いま日本国中でCO2の排出量をゼロにしても気温はたったの0.00004℃しか下がらない!?データが証明する「地球寒冷化」の予兆、そしてかならず訪れる「人口問題」と「石油の枯渇」人類は生き残るために何をするべきか。

目次

1章 「地球温暖化」CO2犯人説のウソと「寒冷化」の予兆(地球温暖化の犯人探し
なぜ二酸化炭素が主犯になったのか ほか)
2章 2020年『成長の限界』と人類の危機(『成長の限界』―急増する人口と石油埋蔵量が逆転する
人類を支えてきた石油が枯渇する ほか)
3章 人口減少時代の日本の政策(人口抑制策を打ち出せ
人口6000万人でも世界一の工業国になれる ほか)
終章 人類のバブルが崩壊する(なぜ洞爺湖サミットは失敗したのか?
世界同時スーパーインフレが始まった ほか)

おすすめコメント

いま日本国中でCO2の排出量をゼロにしても気温はたったの0.00004℃しか下がらない!?二酸化炭素では「温暖化」しない。科学者、政治家、官僚、マスコミに騙されるな!隠されたデータが予言する、人類を待つ本当の恐怖 データが証明する「地球寒冷化」の予兆 そしてかならず訪れる「人口問題」と「石油の枯渇」 人類は生き残るために何をするべきか? ■IPCCの地球温暖化予測を信じるな ■なぜ二酸化炭素が主犯になったのか ■2035年に向かって落ち込む太陽活動 ■温暖化よりも恐ろしい「地球寒冷化」の予兆 ■『成長の限界』〜急増する人口と石油埋蔵量が逆転する。 ■21世紀後半は殺戮の時代となる ■世界民主主義国家連合の設立を ■日本は人口抑制策を打ち出せ ■「京都議定書」から離脱せよ ■人類1万年のバブルが崩壊する

著者紹介

丸山 茂徳 (マルヤマ シゲノリ)  
1949年徳島県生まれ。徳島大学卒業後、金沢大学、名古屋大学で学び、米スタンフォード大学などをへて1989年に東京大学助教授となる。1993年より東京工業大学理学部教授、のち大学院理工学研究科教授に。地質学者で専攻は地球惑星科学。マントルの対流運動に関する新理論を打ち立て、日本地質学会論文賞、紫綬褒章を受賞。AAASフェロー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)