• 本

人魚は空に還る

ミステリ・フロンティア 47

出版社名 東京創元社
出版年月 2008年8月
ISBNコード 978-4-488-01738-5
4-488-01738-X
税込価格 1,650円
頁数・縦 231P 20cm

商品内容

要旨

「しずくは観覧車に乗りたい」富豪の夫人に売られてゆくことが決まり、最後の願いを口にした見世物小屋の人魚は、観覧車の客車から泡となって消えた。水神の怒りに触れて浅草は水中に沈んだのか。いや、地上という水底から人魚がその身を縛るもののない空へと還っていったのか―(表題作)。心優しき雑誌記者と超絶美形の天才絵師、ふたりの青年が贈る帝都探偵物語。明治の世に生きるふたりの青年の交流をあたたかに描いた、新鋭の人情味あふれるデビュー作品集。

出版社
商品紹介

心優しき雑誌記者と超絶美形の天才絵師の2人の青年の明治探偵物語。あたたかな人物造形と軽妙な筆さばきで贈る、新鋭のデビュー作。

著者紹介

三木 笙子 (ミキ ショウコ)  
1975年秋田県生まれ。第二回ミステリーズ!新人賞の最終候補作を改稿し連作化した『人魚は空に還る』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)