• 本

日本の無国籍児と子どもの福祉

出版社名 明石書店
出版年月 2008年9月
ISBNコード 978-4-7503-2823-2
4-7503-2823-5
税込価格 5,400円
頁数・縦 301P 22cm

商品内容

目次

第1章 「与えられる国籍」と日本の無国籍児問題
第2章 国籍取得に関する立法の変遷―明治から第二次世界大戦後に焦点をあてて
第3章 無国籍児問題の歴史的経緯―「与えられる国籍」の継続と結婚の国際化との乖離
第4章 国籍とアイデンティティーの理論的枠組み
第5章 「与えられる国籍」から「権利として取り戻す国籍」へ―子どもの福祉の萌芽
第6章 世界における無国籍児の存在―無国籍児の発生防止の意義
第7章 子どもの国籍取得に関する国際的な権利条約の変容―子どもの福祉の実現をめざして
補論 「子どもの福祉」への意識・制度変革と実践的課題―わが国における子どもの福祉の実現:諸外国の例を参考に

著者紹介

月田 みづえ (ツキダ ミズエ)  
現職:昭和女子大学人間社会学部福祉環境学科、同大学院福祉研究専攻教授、博士(社会学)。1949年生まれ日本女子大学文学部社会福祉学科卒業、同大学院文学研究科社会福祉専攻博士前期課程修了、関東学院大学大学院文学研究科社会福祉専攻博士後期課程修了(博士号取得)、社会福祉法人愛成学園児童指導員、財団法人いしずえ(サリドマイド福祉センター)福祉相談員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)