• 本

野菊の墓

SDP Bunko

出版社名 SDP
出版年月 2008年9月
ISBNコード 978-4-903620-31-2
4-903620-31-X
税込価格 385円
頁数・縦 78P 15cm

商品内容

要旨

家事手伝いにきた二歳年上の従姉・民子と親しくなる政夫。一方、年頃の二人の関係に気がかりな大人たち。封建的な周囲によって、政夫は寄宿舎へ、民子は嫁に出されてしまう。その後、政夫は民子の哀しい結末を知ることに…。素直な文章が心に響く、淡く切ない純愛物語。

著者紹介

伊藤 左千夫 (イトウ サチオ)  
1864‐1913。千葉県出身。農家に生まれ、明治大学を病のため中退した後、東京で牛乳搾取業を営む。正岡子規に師事し、短歌雑誌「アララギ」の代表的歌人となる。『野菊の墓』を俳誌「ホトトギス」に発表したことで、夏目漱石に評価を受け、世間に認められる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)