• 本

ヴォネガット、大いに語る

ハヤカワ文庫 SF 1689

出版社名 早川書房
出版年月 2008年11月
ISBNコード 978-4-15-011689-7
4-15-011689-X
税込価格 990円
頁数・縦 447P 16cm

商品内容

要旨

幼少時からのSFとのかかわりや思いを語ったインタビューやエッセー、戦争末期のビアフラ訪問のリポート、怪実験をおこなうニューヨークのフランケンシュタイン博士を描いた脚本、さらには『猫のゆりかご』創作秘話と科学者の道徳観について述べた講演録などを収録。最大の笑いは最大の絶望や不安に根ざしていると唱え、どんなに悲惨な状況でも、けっしてユーモアを忘れない著者の多彩な魅力を伝える、ファン必携の書。

目次

サイエンス・フィクション
内陸水路での小さな出会い
ようこそ、織女星!
教えようのないことを教える
そう、われわれに解脱はない
不屈の精神
「あそこでは気違いが野放しにされてるぜ」
もっと高く!人間は月へ行くぞ!もっと高く!
アメリカ物理学会での講演
よいミサイルも、よいお行儀も、おやすみなさい〔ほか〕

おすすめコメント

SF論をはじめ、ユーモアと皮肉のきいたエッセイ、書評などを収録するファン必読の書。

著者紹介

飛田 茂雄 (トビタ シゲオ)  
1927年生、2002年没、早稲田大学大学院博士課程修了、中央大学名誉教授・英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)