• 本

浄夜

双葉文庫 は−06−04

出版社名 双葉社
出版年月 2008年11月
ISBNコード 978-4-575-51244-1
4-575-51244-3
税込価格 922円
頁数・縦 501P 15cm

商品内容

要旨

白称モデルで、過食嘔吐を繰り返す宮島弥生は、カルチャーセンターの小説講座に通う作家志望の女性。作品を読んだ講師である芥川賞作家の花山と、その担当編集者の桐島は、彼女の表現する強烈な悪意と憎悪、そしてサディズムに衝撃を受ける…。虚構と現実のあわいを描く超問題作。

おすすめコメント

自称モデルで、過食嘔吐を繰り返す宮島弥生は、カルチャーセンターの小説講座に通う作家志望の女性。作品を読んだ講師である芥川賞作家の花山と、その担当編集者の桐島は、彼女の表現する強烈な悪意と憎悪、そしてサディズムに衝撃を受ける…。

著者紹介

花村 萬月 (ハナムラ マンゲツ)  
1955年東京生まれ。89年『ゴッド・ブレス物語』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。98年『皆月』で吉川英治文学新人賞、『ゲルマニウムの夜』で芥川賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)