• 本

危機の宰相

文春文庫 さ2−13

出版社名 文藝春秋
出版年月 2008年11月
ISBNコード 978-4-16-720913-1
4-16-720913-6
税込価格 659円
頁数・縦 333P 16cm

商品内容

要旨

1960年、安保後の騒然とした世情の中で首相になった池田勇人は、次の時代のテーマを経済成長に求める。「所得倍増」。それは大蔵省で長く“敗者”だった池田と田村敏雄と下村治という三人の男たちの夢と志の結晶でもあった。戦後最大のコピー「所得倍増」を巡り、政治と経済が激突するスリリングなドラマ。

目次

ささやかな発端
黄金時代
戦後最大のコピー
第三のブレーン
敗者としての池田勇人
敗者としての田村敏雄
敗者としての下村治
木曜会
総理への道
田文と呉起
邪教から国教へ
勝者たち
やがて幕が下り
世界の静かな中心

著者紹介

沢木 耕太郎 (サワキ コウタロウ)  
1947年東京生まれ。70年に横浜国立大学経済学部卒業。浅沼稲次郎刺殺事件のその一瞬を描ききった『テロルの決算』で79年に大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。『一瞬の夏』(81年新田次郎文学賞)など著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)