• 本

つみきのいえ

出版社名 白泉社
出版年月 2008年10月
ISBNコード 978-4-592-76131-0
4-592-76131-6
税込価格 1,512円
頁数・縦 1冊(ページ付なし) 26cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • アメリカアカデミー賞短編アニメーション賞を受賞した「つみきのいえ」が原作の絵本、入荷しました。海の上に立つ不思議な家に住む一人のおじいさんのお話。一人ぼっちのおじいさんが自分の人生を振り返ります。そこにはたくさんの幸せとたくさんの切なさがありました。名作アニメーションを完全絵本化。当店でも大人気の自身を持ってお子様から大人の方までオススメ出来る一冊です。

    (2014年3月10日)

  • 時が経つと誰でも昔の記憶は忘れてしまうけど、それは無くなってしまう訳ではなくて、心の奥底にしまわれたままになっている。おじいさんが水の下の方へ潜っていくことによって、しまわれていた懐かしい記憶が次々と蘇ってくる。おじいさんの生きてきた幸せな人生が、読む人にも幸せな感情を引き起こします。また、黄色を基調にしたほのぼのとした絵が見事にストーリーにはまっています。アカデミー賞短編アニメ賞に輝いた感動のアニメが監督自身の手で優しい絵本になりました。

    (2009年9月2日)

他の書店レビューを見る

商品内容

文学賞情報

2009年 第2回 MOE絵本屋さん大賞受賞

要旨

うみのなかにわすれものをとりに。せかいじゅうのこどもとおとながかんどうしたアニメをさくしゃふたりがえほんにしました。アヌシー国際アニメーションフェスティバル最高賞アニメの絵本。

出版社
商品紹介

ほとんどの建物が水没した土地で暮らす老人が、ある日海に潜ると…。フランス国際アニメフェスティバル最高賞受賞アニメを絵本化。

おすすめコメント

ほとんどの建物が水没した土地で、独り暮らすおじいさん。ある日、落とし物を捜しに水中へ潜った彼が見たものとは…美しく描かれた世界の中に、深い感動と涙がこみ上げてくる今年最高の話題作。10月の東京国際映画祭を皮切りに全国でロードショー決定!今年6月、世界のアニメーション映画界の最高権威であるフランス・アヌシー国際アニメフェスティバルで最高賞と観客賞をW受賞したのをはじめ、数々の国際映画祭で賞を獲得。新聞・TVで大きな話題を呼んだ名作アニメーションを、監督の加藤久仁生自身が絵本として描きおろした話題作。2009年2月の米国アカデミー賞短編アニメーション部門にもノミネート決定!世界アニメーション映画界の最高権威フランス・アヌシー国際アニメフェスティバル最高賞&観客賞W受賞作品!

出版社・メーカーコメント

ほとんどの建物が水没した土地で暮らす老人。ある日落とし物を探しに海に潜ると…。米国アカデミー賞短編アニメーション部門受賞、フランス・アヌシー国際アニメーション映画祭最高賞をはじめ数々の賞を獲得した名作アニメを監督自身が描き下ろし絵本化。

著者紹介

加藤 久仁生 (カトウ クニオ)  
1977年生まれ、鹿児島県出身。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業後、2001年株式会社ロボット入社。同社のキャラクター・アニメーション部アニメーションスタジオCAGE所属。Web、TVなどで様々なアニメーションを手がける。2003年監督した短編「或る旅人の日記」などにより国際的にも高い評価を得る。2008年、加藤久仁生監督、平田研也脚本による短編アニメーション「つみきのいえ」はフランス・アヌシー国際アニメーションフェスティバルにて最高賞にあたる“クリスタル賞”“こども審査員賞”、広島国際アニメーションフェスティバルにて“ヒロシマ賞”など多くの賞を受賞した
平田 研也 (ヒラタ ケンヤ)  
1972年生まれ、奈良県出身。青山学院大学文学部仏文科卒業後、1995年株式会社ロボット入社。同社のコミュニケーション・プランニング部所属。TVドラマ、劇場映画、ショートムービーなどの脚本を手がける。2008年、加藤久仁生監督、平田研也脚本による短編アニメーション「つみきのいえ」はフランス・アヌシー国際アニメーションフェスティバルにて最高賞にあたる“クリスタル賞”“こども審査員賞”、広島国際アニメーションフェスティバルにて“ヒロシマ賞”など多くの賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)