• 本

貧困のない世界を創る ソーシャル・ビジネスと新しい資本主義

出版社名 早川書房
出版年月 2008年10月
ISBNコード 978-4-15-208944-1
4-15-208944-X
税込価格 2,700円
頁数・縦 382P 20cm

商品内容

要旨

人の思いやりと自由市場の力学を融合させ、社会問題を解決する新しい企業、「ソーシャル・ビジネス」とは?その壮大な構想と巧みな実践を情熱豊かに綴る。2006年度ノーベル平和賞受賞後初の著作。

目次

プロローグ 始まりは握手から
第1部 ソーシャル・ビジネスの約束(新しい業種
ソーシャル・ビジネス―それはどのようなものなのか)
第2部 グラミンの実験(マイクロクレジット革命
マイクロクレジットからソーシャル・ビジネスへ
貧困との闘い―バングラデシュ、そしてさらに遠くへ
神は細部に宿る
カップ一杯のヨーグルトが世界を救う)
第3部 貧困のない世界(広がりゆく市場
情報技術、グローバル化、そして変容した世界
繁栄の危険
貧困は博物館に)
エピローグ 貧困は平和への脅威である

出版社
商品紹介

貧しい人々への融資で個人の自立を支援してきたバングラデシュ・グラミン銀行総裁が、世界のあるべき姿を実践論をまじえて熱く語る。

おすすめコメント

2006年度ノーベル平和賞受賞後初の著作!人の思いやりと自由市場の力学を融合させ、社会問題を解決する新しい企業「ソーシャル・ビジネス」とは何か? 壮大な構想と巧みな実践を、ユヌス自らが情熱豊かに語る。

著者紹介

ユヌス,ムハマド (ユヌス,ムハマド)   Yunus,Muhammad
1940年、バングラディシュ・チッタゴン生まれ。チッタゴン・カレッジ、ダッカ大学を卒業後、チッタゴン・カレッジの経済学講師を経て、米ヴァンダービルト大学で経済学博士号を取得。1972年に帰国後、政府経済局計画委員会副委員長、チッタゴン大学経済学部学部長を務めて教鞭を執るが、1974年の大飢饉後に貧しい人々の窮状を目の当たりにして以来、その救済活動に目覚め、1983年にはグラミン銀行を創設。マイクロクレジット(無担保少額融資)で農村部の貧しい人々の自立を支援する手法を全国で展開し、同国の貧困軽減に大きく貢献した。貧しい人々の住宅、教育、医療などを支援するサービスを次々と開発するのみならず、多くのグラミン関連企業を創設して、地場産業の振興、携帯電話やインターネットの普及、再生可能エネルギーの利用などをも推進している。「アジアのノーベル賞」といわれるマグサイサイ賞、世界食糧賞、日経アジア賞、福岡アジア賞など数々の国際的な賞が贈られており、2006年にはノーベル平和賞を受賞している
猪熊 弘子 (イノクマ ヒロコ)  
1965年横浜市生まれ。日本女子大学文学部英文学科卒業。高校教師を経て、ジャーナリストに転身。主に子ども、女性、保育、福祉、教育の問題をテーマに、週刊誌、新聞などの記事、書籍の執筆、翻訳を行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)