• 本

もしも原子がみえたなら

新版

いたずらはかせのかがくの本

出版社名 仮説社
出版年月 2008年11月
ISBNコード 978-4-7735-0210-7
4-7735-0210-X
税込価格 2,376円
頁数・縦 48P 25cm
シリーズ名 もしも原子がみえたなら

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「この宇宙のすべてのものは原子でできている」って、ほんとう?じゃあ、この紙も?石も?水も?鉛筆も?それに、わたしの体も?みんな原子でできてるの?―こんな疑問をいだいたことのあるお子さんといっしょに読んでみてください。

著者紹介

板倉 聖宣 (イタクラ キヨノブ)  
1930年東京下谷(現・台東区東上野)に生まれる。1951年学生時代に自然弁証法研究会を組織。機関誌『科学と方法』を創刊し、科学史を通じて科学の方法論を研究。科学と常識と迷信等について研究を発表する。1958年物理学の歴史の研究によって理学博士となる。1959年国立教育研究所(現・国立教育政策研究所)に勤務。1963年仮説実験授業を提唱。以来、科学教育に関する研究を多数発表。教育の改革に取り組む。また、『発明発見物語全集』『少年少女科学名著全集』(いずれも国土社)を執筆・編集し、科学読み物の研究を続ける。1973年教育雑誌『ひと』(太郎次郎社)を遠山啓らと創刊。1983年教育雑誌『たのしい授業』(仮説社)を創刊。編集代表。1995年国立教育研究所を定年退職。私立板倉研究室を設立
さかた しげゆき (サカタ シゲユキ)  
1973年横浜生まれ。京都育ち。京都造形芸術大学情報デザインコース卒業。デザイナーを経て97年よりフリーイラストレーターとして活動開始。主に雑誌、書籍を中心に広告、Web、CDジャケット、キャラクターデザイン、ロゴ制作等で活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)