• 本

予想どおりに不合理 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」

出版社名 早川書房
出版年月 2008年11月
ISBNコード 978-4-15-208979-3
4-15-208979-2
税込価格 1,980円
頁数・縦 345P 19cm
シリーズ名 予想どおりに不合理
無題ドキュメント
■関連書特集はこちら!

商品内容

要旨

行動経済学研究の第一人者がわたしたちを動かすものの正体をおもしろく解説する全米ベストセラー行動経済学入門。

目次

相対性の真相―なぜあらゆるものはそうであってはならないものまで相対的なのか
需要と供給の誤謬―なぜ真珠の値段はそしてあらゆるものの値段は定まっていないのか
ゼロコストのコスト―なぜ何も払わないのに払いすぎになるのか
社会規範のコスト―なぜ楽しみでやっていたことが、報酬をもらったとたん楽しくなくなるのか
性的興奮の影響―なぜ情熱はわたしたちが思っている以上に熱いのか
先延ばしの問題と自制心―なぜ自分のしたいことを自分にさせることができないのか
高価な所有意識―なぜ自分の持っているものを過大評価するのか
扉をあけておく―なぜ選択の自由のせいで本来の目的からそれてしまうのか
予測の効果―なぜ心は予測したとおりのものを手に入れるのか
価格の力―なぜ一セントのアスピリンにできないことが五〇セントのアスピリンならできるのか〔ほか〕

出版社
商品紹介

人間は不合理なものだが、その不合理さは予測可能だ。第一人者がユニークな実験で解説する、全米ベストセラーの行動経済学読本。

おすすめコメント

経済はもっとおもしろくなる! ノーベル賞受賞者が揃って絶賛、全米ベストセラーの行動経済学入門! これまでの経済学では、人は合理的に行動するものと考えられてきた。だが、本当にそうだろうか。 本当はおなじ味でも、雰囲気のいいカフェのコーヒーにはファストフード店のコーヒーより高いお金を払っていないだろうか? また、上等の靴下が必要だったのに、一足ぶんおまけされていた安物の靴下を買ってしまったことは? そう、人は不合理な行動をとるものなのだ。 経済行動に大きく影響しているにもかかわらず、これまで無視され誤解されてきた、人の不合理さを研究するのが、行動経済学という新しい分野である。ユニークで愉快な実験によって、人がどのように不合理な行動をとるのかを系統的に予想することが可能になった。「おとり」の選択肢や、価格のプラセボ効果、アンカリングなど、人の理性を惑わす要素を理解するとき、ビジネスや投資、政治の世界でも、驚くほどのチャンスがもたらされるようになったのだ。 行動経済学研究の第一人者がわたしたちを動かすものの正体をおもしろく解説する全米ベストセラー行動経済学入門。

著者紹介

アリエリー,ダン (アリエリー,ダン)   Ariely,Dan
行動経済学研究の第一人者。デューク大学教授、MITのメディアラボの客員教授。テルアビブ大学で心理学を学んだ後、ノースカロライナ大学チャペルヒル校で認知心理学の修士号と博士号、デューク大学で経営学の博士号を取得。その後、MITのスローン経営大学院とメディアラボの教授を兼務した。この間、カリフォルニア大学バークレー校、プリンストン高等研究所などにも籍を置いている。人間がどのように決断をするのか、特になぜ不合理な決断をおこなうのかについて、メジャーな論文誌だけでなく、ニューヨーク・タイムズ、ウォールストリート・ジャーナル、ワシントン・ポストなどでも研究が紹介されている。その研究のユニークさは、2008年度にイグ・ノーベル賞を受賞したことでも証明されている
熊谷 淳子 (クマガイ ジュンコ)  
翻訳家。大阪教育大学卒、コロラド大学修士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)