• 本

サンタ・エクスプレス

季節風 冬

出版社名 文藝春秋
出版年月 2008年12月
ISBNコード 978-4-16-327670-0
4-16-327670-X
税込価格 1,540円
頁数・縦 269P 20cm

商品内容

要旨

鈴の音ひびく冬が、いとおしい人の温もりを伝えてくれる。ものがたりの歳時記―「冬」の巻、12編。

出版社
商品紹介

出産のために離れて暮らす母親を慕う5歳の女の子の素敵なクリスマスを描いた表題作ほか、寒い季節を温かくしてくれる12の物語。

おすすめコメント

3月刊行の『ツバメ記念日』にはじまり、季節ごとに出版されてきた「季節風」シリーズの完結篇。季節の記憶と1人ひとりの物語がゆたかに融けあった力作短篇集です。出産のために離れて暮らす母親を慕う5歳の女の子の素敵なクリスマスを描いた表題作ほか、「冬の散歩道」「お雑煮」「バレンタイン・デビュー」など、寒い季節を温かくしてくれる12の冬の物語です。本の装丁は季節をイメージしたものですが、「冬」は玄冬を象徴する黒を基調に、雪の結晶の意匠があしらわれます。既刊3点「春」の青(青春)、「夏」の赤(朱夏)、「秋」の白(白秋)と合わせてお読みいただければ、面白さ倍増です。(OY)

著者紹介

重松 清 (シゲマツ キヨシ)  
1963年、岡山県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。出版社勤務を経て、フリーライターに。91年『ビフォア・ラン』で作家デビュー。99年『ナイフ』で第14回坪田譲治文学賞、『エイジ』で第12回山本周五郎賞を受賞。2001年『ビタミンF』で第124回直木賞受賞。ルポルタージュ、時評、評論など小説以外のジャンルでの執筆活動も高い評価を受けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)