• 本

この世でいちばん大事な「カネ」の話

よりみちパン!セ 40

出版社名 理論社
出版年月 2008年12月
ISBNコード 978-4-652-07840-2
4-652-07840-4
税込価格 1,430円
頁数・縦 234P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全4件

  • この世でいちばん大事な「カネ」の話

    とにかく読ませくれるサイバラ作品。マンガが面白いことは言うまでもないが、ここまで文章で読ませてくれるとは、多才とはこういう人にことをいうのだろう。子どものころからの話は無頼派のルーツをたどるようで実に面白い。いや、貧乏の頃の話だから、面白がっては失礼かもしれないが・・・。けれど、そこから芯の強い人間はビックになっていった。「カネ」の話が中心にあるけれど、これは、生きるための知恵と勇気を授けられる思いがする一冊だ。イッキ読みできる充実の一冊だ。

    (2010年9月9日)

  • この「カネ」はすごい!

    何気なくこの本を読み始めて、ビックリした。「カネ」の話は良いことも悪いことも含めて、自分の人生の全てなのだ。「貧乏」から始まるつらい出来事を、ここまで語ってくれるのか。幸せとはなに、一所懸命働くとはどう云うことなの?正直な波乱万丈な生きざまは、一読の価値あり。(茂木 正)

    (2009年8月16日)

  • 若者のためのお金や世の中講座です

    おじいちゃんおばあちゃんには一寸乱暴にさえ感じる書き口…
    しかしこれから社会にでるティーンには分かりやすく書かれています。
    お金以外の社会で暮らしていく現代の常識もちりばめられています。
    中学生の皆様の【あさどく(朝の読書)】にお薦めの一冊です。

    (2009年6月30日)

  • 「カネのはなし」って下品なの?

    「学校でも家でも学べない、リアルな知恵が満載」中学生から読める『よりみちパン!セ』に、西原センセイ満を持しての登場です。「カネ」について、ストレートに語りかけてくる西原氏。お金がないと、人がどれほどボロボロなのか。暴力と貧困について。プライドは一銭にもならん。マイナスを味方につけろ。負けて当たり前のギャンブル。何が人を、人でなくしてしまうのか。自分が悩み考え続けていることを、学生達にもわかりやすく書く西原氏。自らの体験があるからこそ、語れる内容です。「カネの重み」「カネのありがたみ」については、今の大人達にもしっかり読んで欲しい内容。手で触れる「カネ」と、手で触れない単なる数字の羅列のような「カネ」の違い。いま一度考えてみませんか。

    (2009年1月14日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

どん底だった、あのころのこと。「貧乏」は、札束ほどにリアルだった。「働く」はもっと、「しあわせ」につながっていい。だから、歩いていこう。自分の根っこを忘れないために。大切な人が、心から笑ってくれるように。切れば血が出る、読めば肉となるサイバラの物語へ、ようこそ。

目次

第1章 どん底で息をし、どん底で眠っていた。「カネ」がないって、つまりはそういうことだった。(「カネ」はいつも、魚の匂いがした
新しい町、新しい「お父さん」 ほか)
第2章 自分で「カネ」を稼ぐということは、自由を手に入れるということだった。(高校を退学になった女の子
「お前は世界でいちばんいい子だ」 ほか)
第3章 ギャンブル、為替、そして借金。「カネ」を失うことで見えてくるもの。(マンション一室、買えました。
ギャンブルの師匠、銀玉親方登場 ほか)
第4章 自分探しの迷路は、「カネ」という視点を持てば、ぶっちぎれる。(「カネのハナシ」って下品なの?
育った町の、それぞれの「ぼくんち」 ほか)
第5章 外に出て行くこと。「カネ」の向こう側へ行こうとすること。(人ひとり殺すと、いくらですか?
スモーキーマウンテンの子どもたち ほか)

出版社・メーカーコメント

なぜわれわれは、子どもに「金」の教育ができないのだろう!? カネがなければ一家離散、カネがなければ一家心中。カネがなければ人生、貧しい。これは真実だ、ああそれなのに。経済学者やカネの地獄を見ないものにはけっして語れない、そんな、カネと労働のリアルをみつめ、人生の根本を哲学する書。

著者紹介

西原 理恵子 (サイバラ リエコ)  
1964年、高知県生まれ。武蔵野美術大学卒業。大学在学中の88年に「週刊ヤングサンデー」にて『ちくろ幼稚園』を連載、漫画家としてデビュー。あるときはドライブ感あふれる筆致で体をはった強烈なギャグを豪快に展開する無頼派として、またあるときは、世の中の底辺でかろうじて息をしながら、それでも生きることの切なさと喜びを手放さずにいる人たちを静かに、ていねいに描いては深い感動を繊細に紡ぎ出す抒情派として活躍。戦場カメラマンであった亡き元夫とともに、世界のさまざまな場所を訪れては軽やかに、深遠に、ギャグを飛ばしつつ、人を深い内省へと誘う作品を生み出し続け、今もなお、さらなる漫画道を驀進する日々を送っている。97年に『ぼくんち』(小学館)で文藝春秋漫画賞、2004年に『毎日かあさん カニ母編』(毎日新聞社)で文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞、05年に『上京ものがたり』(小学館)『毎日かあさん』(毎日新聞社)で手塚治虫文化賞短編賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)