• 本

消された一家 北九州・連続監禁殺人事件

新潮文庫 と−19−1

出版社名 新潮社
出版年月 2009年2月
ISBNコード 978-4-10-136851-1
4-10-136851-1
税込価格 693円
頁数・縦 339P 16cm

商品内容

要旨

七人もの人間が次々に殺されながら、一人の少女が警察に保護されるまで、その事件は闇の中に沈んでいた―。明るい人柄と巧みな弁舌で他人の家庭に入り込み、一家全員を監禁虐待によって奴隷同然にし、さらには恐怖感から家族同士を殺し合わせる。まさに鬼畜の所業を為した天才殺人鬼・松永太。人を喰らい続けた男の半生と戦慄すべき凶行の全貌を徹底取材。渾身の犯罪ノンフィクション。

目次

第1章 十七歳の少女
第2章 松永太と緒方純子
第3章 一人目
第4章 緒方一家
第5章 二人、三人、四人目
第6章 五人、六人、七人目
第7章 松永太の話
第8章 消される二人

著者紹介

豊田 正義 (トヨダ マサヨシ)  
1966(昭和41)年、東京生れ。早稲田大学第一文学部卒。ニューヨークの日系誌記者を経て、フリーのノンフィクションライターとなる。犯罪事件から家族の問題まで取材対象は幅広く、人物評伝も手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)