• 本

ジウ 2

警視庁特殊急襲部隊 SAT

中公文庫 ほ17−2

出版社名 中央公論新社
出版年月 2009年1月
ISBNコード 978-4-12-205106-5
4-12-205106-1
税込価格 734円
頁数・縦 400P 16cm
シリーズ名 ジウ

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • ついに「基子」と「ジウ」が・・・!

    雨宮が死んで基子に変化が見られるのか。息もつけない位のスピードでパート2は進んでゆく。それぞれの繋がりが少しづつ見え、ジウと基子がついに出会ってしまう。「誉田哲也」らしいかなり過激なシーンも頻繁に出てくる為ファンにはたまらない1冊だ。最終章に待ち構えている壮大な計画に向け、この巻の役割はかなり重要となってくる。

    (2011年9月7日)

商品内容

要旨

連続児童誘拐事件の黒幕・ジウを威信にかけて追う警視庁。実行犯の取り調べを続ける東警部補と門倉巡査は、“新世界秩序”という巨大な闇の存在に気づき、更なる事件の予兆に戦慄する。一方、特進を果たした伊崎巡査部長は特殊急襲部隊を離れ、所轄に異動したが、そこにも不気味な影が迫っていた。

おすすめコメント

犠牲を払いながらも誘拐事件は解決した。しかし依然として黒幕「ジウ」の正体は謎だった。捜査本部でジウを追う美咲。一方、特進をはたした基子の前にはジウの姿が!シリーズ第二弾!!

著者紹介

誉田 哲也 (ホンダ テツヤ)  
1969年東京生まれ。2003年「アクセス」で、第四回ホラーサスペンス大賞特別賞受賞。2005年にC・NOVELSより『ジウ 警視庁特殊犯捜査係』を上梓し、「新たな警察小説の誕生」として大反響を呼ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)