• 本

照葉ノ露 書き下ろし長編時代小説

双葉文庫 さ−19−32 居眠り磐音江戸双紙 28

出版社名 双葉社
出版年月 2009年1月
ISBNコード 978-4-575-66364-8
4-575-66364-6
税込価格 700円
頁数・縦 329P 15cm

商品内容

要旨

芒の穂が秋の風情をみせる頃、佐々木磐音は南町奉行所定廻り同心木下一郎太らとともに上総の地に赴いていた。一郎太の出入りの旗本家に不祥事が出来し、事態解決のため磐音も同道することになったのだが…。春風駘蕩の如き磐音が許せぬ悪を討つ、著者渾身の書き下ろし痛快長編時代小説第二十八弾。

おすすめコメント

芒の穂が秋の風情を見せる頃、佐々木磐音は南町奉行所定周り同心木下一太郎らとともに上総の地に赴いていた。一太郎の出入りの旗本家に不祥事が出来し、事態解決のため磐音も同道することになったのだが……。春風駘蕩の如き磐音が許せぬ悪を討つ、著者渾身の書き下ろし痛快長編時代小説第二十八弾。

著者紹介

佐伯 泰英 (サエキ ヤスヒデ)  
1942年、北九州市生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒。デビュー作『闘牛』以後、スペインをテーマにした作品を発表。99年、初の時代小説『密命』を皮切りに次々と作品を刊行、時代小説の旗手として高い評価を得る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)