• 本

歴史を変えた気候大変動

河出文庫 フ8−2

出版社名 河出書房新社
出版年月 2009年2月
ISBNコード 978-4-309-46316-2
4-309-46316-9
税込価格 1,045円
頁数・縦 408P 15cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

人類の歴史を揺り動かした五〇〇年前の気候大変動とは、いったい何だったのか?人口大移動や農業革命、産業革命と深く結びついた「小さな氷河期」を、民衆はどのように生き延びたのか?現在、地球規模の温暖化に直面しているわれわれが決して無視できない問題に、気候学と歴史学の双方からアプローチした名著。

目次

第1部 温暖期とその影響(中世温暖期
大飢饉)
第2部 寒冷化の始まり(気候の変動
嵐とタラとドッガー船
巨大な農民層)
第3部 「満ちたりた世界」の終焉(飢えの恐怖
氷河との闘い
「夏というよりは冬のよう」
食糧難と革命
夏が来ない年
アン・ゴルダ・モー―大飢饉)
第4部 現代の温暖期(ますます暖かくなる温室)

著者紹介

フェイガン,ブライアン (フェイガン,ブライアン)   Fagan,Brian
イギリス生まれ。カリフォルニア大学サンタ・バーバラ校の人類学名誉教授。考古学関連の著書を多数発表している
東郷 えりか (トウゴウ エリカ)  
上智大学外国語学部フランス語学科卒
桃井 緑美子 (モモイ ルミコ)  
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)