• 本

九杯目には早すぎる

双葉文庫 あ−42−01

出版社名 双葉社
出版年月 2009年2月
ISBNコード 978-4-575-51260-1
4-575-51260-5
税込価格 692円
頁数・縦 322P 15cm

商品内容

要旨

休日に上司と遭遇、無理やり酒に付き合わされていたら、上司にも自分にもまるで予期せぬ事態が―(小説推理新人賞受賞作「キリング・タイム」)。などなど、運の悪い男が不幸な目に遭う見本市のような、憐れにも可笑しい、上質のミステリー九編。「小物のセコさを書かせたら抜群にうまい」と評される著者の腕に酔い、大失敗のドキドキをご一緒にいかが。

著者紹介

蒼井 上鷹 (アオイ ウエタカ)  
1968年千葉県生まれ。大学卒業後、会社勤務を経て執筆活動に入る。2004年、「キリング・タイム」で第26回「小説推理新人賞」を受賞。以後、「日本推理作家協会賞・短編部門」の候補に二度選ばれるなど、完成度の高いミステリーを発表し続けている。『九杯目には早すぎる』がデビュー作(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)