• 本

マンガでわかる生化学

出版社名 オーム社
出版年月 2009年1月
ISBNコード 978-4-274-06740-2
4-274-06740-8
税込価格 2,376円
頁数・縦 253P 24cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「生化学」に関する入門書として、親しみやすいマンガで生化学の世界の一端を紹介。

目次

第1章 体の中で起こっていること(細胞の仕組み
細胞の中で何が起こっているのか ほか)
第2章 光合成と呼吸(物質は循環する
光合成の仕組みを理解しよう ほか)
第3章 生活の中の生化学(脂質とコレステロール
肥満の生化学―脂肪はどうして貯まるのか ほか)
第4章 酵素は化学反応の要(酵素とタンパク質
酵素のはたらき ほか)
第5章 核酸の生化学と分子生物学(核酸ってなんだろう?
核酸と遺伝子 ほか)

出版社
商品紹介

好評のマンガでわかるシリーズに「生化学」が登場。初めて生化学を学ぶ方でも生化学の全体像を理解できる。

出版社・メーカーコメント

プロローグ 第1章 体の中で起こっていること 第2章 光合成と呼吸 第3章 生活の中の生化学 第4章 酵素は化学反応の要 第5章 核酸の生化学と分子生物学 エピローグ

著者紹介

武村 政春 (タケムラ マサハル)  
現在、東京理科大学准教授。博士(医学)。専門は分子生物学、生命科学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)