• 本

アイの物語

角川文庫 や40−4

出版社名 角川書店
出版年月 2009年3月
ISBNコード 978-4-04-460116-4
4-04-460116-X
税込価格 924円
頁数・縦 585P 15cm

商品内容

要旨

人類が衰退し、マシンが君臨する未来。食糧を盗んで逃げる途中、僕は美しい女性型アンドロイドと出会う。戦いの末に捕えられた僕に、アイビスと名乗るそのアンドロイドは、ロボットや人工知能を題材にした6つの物語を、毎日読んで聞かせた。アイビスの真意は何か?なぜマシンは地球を支配するのか?彼女が語る7番目の物語に、僕の知らなかった真実は隠されていた―機械とヒトの新たな関係を描く、未来の千夜一夜物語。

おすすめコメント

これほど美しいSFがあっただろうか。細田守監督推薦の感動作!数百年後の未来、機械に支配された地上で出会ったひとりの青年と美しきアンドロイド。機械を憎む青年に、アンドロイドは、次々とかつてヒトが書いた物語を読んで聞かせるのだった――機械とヒトの千夜一夜物語。

著者紹介

山本 弘 (ヤマモト ヒロシ)  
1956年京都府生まれ。87年、ゲーム創作集団「グループSNE」の一員となり、作家およびゲームデザイナーとしてデビュー。新たな文芸エンターテインメントの書き手として注目され、『アイの物語』では吉川英治文学新人賞候補となる。また、トンデモ本を研究する「と学会」の会長など、その活動は多岐にわたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)