• 本

記憶表現論

出版社名 昭和堂
出版年月 2009年3月
ISBNコード 978-4-8122-0866-3
4-8122-0866-1
税込価格 4,180円
頁数・縦 296P 20cm

商品内容

要旨

歴史のオルタナティブへ。記憶をいかに伝えるか、さまざまな表現分野から論じる。

目次

序 記憶のアクチュアリティへ(笠原一人)
映画・記憶のエコノミーに抗して―映画『ショアー』とワルシャワ・ゲットー(細身和之)
文学・エチカ、地上の声(季村敏夫)
音楽・コール&レスポンス、あるいは友愛の記憶(港大尋)
写真・受動としての写真―「ピンホールの家」以後(宮本隆司)
美術・戦争が終って転々とするものについて(木下直之)
展示・空間の中の時間―歴史展示施設に見られるその様態(寺田匡宏)
都市・環境ノイズエレメント―記憶の複層域としての都市(宮本佳明)
建築・メモリアルを超えて(笠原一人)

出版社
商品紹介

記憶をいかに伝えるか、映画、文学、音楽、写真、美術、展示、都市、建築の8つの表現分野から論じる。

著者紹介

笠原 一人 (カサハラ カズト)  
京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科助教。専門は近現代建築史
寺田 匡宏 (テラダ マサヒロ)  
航空科学振興財団歴史伝承委員会調査・研究員、国立民族学博物館外来研究員。専門は歴史学、博物館人類学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)