• 本

H+P ひめぱら 3

富士見ファンタジア文庫 か−5−1−3

出版社名 KADOKAWA(富士見書房)
出版年月 2009年4月
ISBNコード 978-4-8291-3394-1
4-8291-3394-5
税込価格 626円
頁数・縦 266P 15cm
シリーズ名 H+P

商品内容

要旨

カタブツ侍少年の神来恭太郎は、ココロの中で悲鳴をあげた!(アルトちゃん、ハダカじゃないか!?)恭太郎は夜、トレクワーズ王城の地下にある、第四王女・アルトの部屋に忍び込んでいた。そんな彼の目前でアルトは―。「はぁ…はぁ…っ…指が…止まらないよぅ…」(こ、これはひょっとして…)“○○○○○○”というヤツでは!?五人の美しいお姫さまたちを相手に“お世継ぎ”をつくるため、なぜだが“トレクワーズ王国”に召喚された恭太郎。彼が最高に羨ま、いや悩ましい状況に陥ったのにはワケがあって…。嬉し恥ずかしハーレム・ライフは人気も興奮メーターも急上昇。

おすすめコメント

アルトが誘惑の聖杯を使ったせいで、恭太郎と○○○になっちゃう!?恭太郎はピコルに女装をさせられ、お姫さまたちの健康診断に潜入する。そこで彼は、魔力の数値が低くてしょんぼりしているアルトを放っておけず、頭を撫でてしまう。そのため、ユフィナに正体がバレてしまうが……。