• 本

大衆の反逆

白水Uブックス 1101 思想

出版社名 白水社
出版年月 2009年3月
ISBNコード 978-4-560-72101-8
4-560-72101-7
税込価格 1,430円
頁数・縦 317P 18cm

商品内容

要旨

オルテガは、早くから現代が歴史上の一大転換期であることを見抜き、その危機の克服をめざして警鐘を鳴らし続けてきた。現代を大衆の時代と断定し、二十世紀の本質を衝いた名著。

目次

第1部 大衆の反逆(密集の事実
歴史的水準の上昇
時代の高さ
生の増大
統計的な一つのデータ
大衆人解剖の第一段階
高貴な生と凡俗な生、あるいは、努力と無気力
大衆はなぜあらゆることに介入するのか?しかも暴力的にのみ介入するのか?
原始性と技術
原始性と歴史
「満足しきったお坊ちゃん」の時代
「専門主義」の野蛮性
最大の危険物、国家)
第2部 世界を支配しているのは誰か?(世界を支配しているのは誰か?
真の問題は何か)

著者紹介

ガセット,ホセ・オルテガ・イ (ガセット,ホセオルテガイ)   Gasset,Jos´e Ortega y
1883−1955。スペインの哲学者。マドリードの裕福な家庭に生まれる。マドリード大学を卒業後、ドイツに留学、帰国後マドリード大学の教授をつとめる。内戦後は、フランス、アルゼンチンなどに亡命。45年帰国し、著作活動を通してスペインの知的復興に力をつくす
桑名 一博 (クワナ カズヒロ)  
1932年生。1956年東京外国語大学卒。元東京外国語大学教授。スペイン語圏文学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)