• 本

お金力をつける本 ドル大暴落・世界大恐慌でこうなる! 経済テスト45問付き

出版社名 ビジネス教育出版社
出版年月 2009年3月
ISBNコード 978-4-8283-0275-1
4-8283-0275-1
税込価格 1,620円
頁数・縦 207P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

目次

第1章 サブプライム後の金融システムで何が壊れたか
第2章 恐るべく破壊力のあるCDSの真実
第3章 ドル暴落で日本経済がどうなるのか
第4章 世界恐慌を招いた「金融工学」の謀略
第5章 世界大恐慌の失敗を再び起こすのか
第6章 円高はどこまで進むアメリカに潜むデフォルトの恐怖
第7章 ユーロ経済とユーロ安はどうなるのか
第8章 これからはキャッシュと人脈が宝になる
エピローグ 「お金力」を発揮するためのポートフォリオはこうする

出版社
商品紹介

金融危機の実態を把握しながら、お金の仕組みの基本を理解し、ビジネスに、生活にどのように取り組んでいくべきかを掘り下げる。

出版社・メーカーコメント

第1章サブプライム後の金融システムで何が壊れたか; ;1証券化商品が崩れた構図は; ;2まがいものを隠した「金融工学」の破たん; ;3核のボタンに匹敵するCDSの危機; ;第2章恐るべく破壊力のあるCDSの真実; ;1サブプライムローンが隠された証券化商品はだれが作ったのか; ;2核爆弾と言われるCDSはこのように生まれた; ;3買いあさった住宅で債務超過になったアメリカ人たち; ;第3章ドル暴落で日本経済がどうなるのか; ;1アメリカの赤字の垂れ流しは最悪になっている; ;2アメリカの国債はどこが買って

著者紹介

石井 勝利 (イシイ カツトシ)  
バブル時代から資産運用の現場で活躍し、不動産ではオピニオンリーダーとして、テレビ、ラジオ、雑誌などマスコミで大活躍。分野は不動産、金融、株式、ビジネス、自己啓発と極めて広い。地に着いたノウハウをもとに評論や講演、相談業務を行いファンも幅広い。1939年、栃木県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。文化放送を皮切りに新聞記者に転身。48歳で評論家活動に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)