• 本

日本の朝鮮植民地支配と警察 一九〇五〜一九四五年

歴史科学叢書

出版社名 校倉書房
出版年月 2009年3月
ISBNコード 978-4-7517-4080-4
4-7517-4080-6
税込価格 14,300円
頁数・縦 772P 22cm

商品内容

要旨

大韓帝国に対する日本の保護国化(一九〇五年)前後から朝鮮植民地支配の終焉(一九四五年)までの約半世紀間を対象として、朝鮮統治における警察機構の制度的変化を政治史的に跡づけるとともに、警察による日常的支配の実態を社会史的視角から分析。

目次

第1部 朝鮮植民地化と警察
第2部 「武断政治」期の憲兵警察
第3部 憲兵警察制度から普通警察制度への転換
第4部 「文化政治」期の警察
第5部 一九三〇年代前半期の警察
第6部 総力戦期の警察
エピローグ 植民地警察の終焉

著者紹介

松田 利彦 (マツダ トシヒコ)  
1964年、徳島県生まれ。1989年、京都大学文学部卒業。1993年、京都大学大学院文学研究科現代史学専攻後期博士課程単位取得修了。京都大学助手、神戸商科大学(現兵庫県立大学)専任講師を経て、1998年より国際日本文化研究センター勤務。現在、国際日本文化研究センター准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)