• 本

中高年のためのスポーツ医学Q&A

出版社名 世界文化社
出版年月 2009年6月
ISBNコード 978-4-418-09405-9
4-418-09405-9
税込価格 2,310円
頁数・縦 179P 24cm

商品内容

目次

第1章 スポーツを生涯続けるために(「成人病」から「生活習慣病」へ
早期発見・早期治療の大切さを知ってほしい ほか)
第2章 スポーツを日常的に習慣づける(運動習慣が身につくと多くの病気を予防できる
運動には有酸素運動と無酸素運動がある ほか)
第3章 スポーツ傷害を防ぐ(中高年に向くスポーツ向かないスポーツ
運動も過ぎたるは逆効果 ほか)
第4章 実践このスポーツで健康になる(ゴルフは中高年になっても無理なく続けられる
ゴルフで注意したいグリーン上での緊張 ほか)
第5章 生活習慣病の予防と改善(肥満は不健康の象徴
皮下脂肪と内臓脂肪 ほか)

出版社・メーカーコメント

生涯を通してスポーツに親しむことが、健康をつくる!最新の医学データに基づくスポーツ健康書の決定版。生活習慣病予防のノウハウが満載。

著者紹介

山崎 元 (ヤマザキ ハジメ)  
慶應義塾大学医学部1968年卒業。医学博士。日本体育協会公認スポーツドクター。スポーツ医学の草分け的存在として「慶應義塾大学スポーツ医学研究センター」を設立。現在、慶応義塾常任理事・名誉教授。日本臨床スポーツ医学会理事長。専門は内科循環器、スポーツ医学
大谷 俊郎 (オオタニ トシロウ)  
慶應義塾大学医学部1980年卒業。医学博士。日本体育協会公認スポーツドクター、日本整形外科学会認定スポーツ医。慶應義塾大学看護医療学部・大学院健康マネジメント研究科教授。整形外科・医学部スポーツ医学総合センター兼担教授。専門は膝関節外科。慶應義塾大学病院でプロ選手から一般までスポーツ関連の診療にあたる
辻岡 三南子 (ツジオカ ミナコ)  
慶應義塾大学医学部1979年卒業。医学博士。日本体育協会公認スポーツドクター、日本医師会認定健康スポーツ医。慶應義塾大学保健管理センター・スポーツ医学研究センター准教授。専門はスポーツ医学・内分泌・高血圧・代謝。生活習慣病の研究家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)