• 本

幸せな人生をおくるために

稲盛和夫CDブックシリーズ いま、「生き方」を問う 3

出版社名 サンマーク出版
出版年月 2009年5月
ISBNコード 978-4-7631-9833-4
4-7631-9833-5
税込価格 1,870円
頁数・縦 77P 20cm

商品内容

要旨

我々の人生とは、自分自身の魂、もしくは本質である真我の、浄化、純化、深化をするためにある。これが、もっとも正しい人生の目的、人生の意義なのです。

目次

何のために生まれてきたのか(みなそれぞれに違う人生を歩いている
「たった一回しかない人生」だからこそ ほか)
魂を浄化、純化、深化させるために(まず「あの世」を信じることから始まる
なぜ「思ったことは必ず実現する」のか ほか)
仕事における六つの精進(忙しい毎日の中でも魂は美しくなっていく
魂を浄化するための六つの要素 ほか)
仏教の教えから生き方を学ぶ(人生の指標となる白隠禅師の『坐禅和讃』)
生き方の神髄3 稲盛和夫箴言集

おすすめコメント

「自分は何のために生まれてきたのか?」――人生を通して、誰もが一度はこのような問いを投げかけたことがあると思います。人生の目的を明確にできないままでいると、人は現状に満足できなかったり、自信をもてなくなったりしてしまうもの。そこで、本書で提案するのが「自分の魂を磨くこと」と「利他行をおこなうこと」という二つの要素です。宗教家のように厳しい修行をおこなわなくても、私たちが日常の中で「六つの精進」を実践することによって、自らの魂を浄化・純化・深化させていくことができます。引いては、迷いのない人生を送ることができる。そんな、「生き方」のヒントがたっぷりと詰まった一冊です。

著者紹介

稲盛 和夫 (イナモリ カズオ)  
1932年、鹿児島生まれ。鹿児島大学工学部卒業。59年、京都セラミック株式会社(現・京セラ)を設立。社長、会長を経て、97年より名誉会長。また、84年に第二電電(現・KDDI)を設立、会長に就任。2001年より最高顧問。1984年には稲盛財団を設立し、「京都賞」を創設。毎年、人類社会の進歩発展に功績のあった人々を顕彰している。他に、若手経営者が集まる経営塾「盛和塾」の塾長として、経営者の育成にも心血を注ぐ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)